AR

「かざす!」「動く!」でもっと伝わる!ARで手軽に印刷物に付加価値をプラス
ARは、登録した画像を認識し、動画や画像、音声、文章などを見ることが出来ます。
今まで紙媒体では出来なかった、あらゆる情報を動きと音で表現し、伝える事が可能になりました。
これで、今まで出来なかったプロモーションが可能になり、より印象に残る販促が出来ます。
仕様/特徴
ARとは 「Augmented Reality(拡張現実)」の略であり、その名の通り【現実世界の『もっと知りたい』をWebと連携して補う】ということを実現するための、今注目の技術です。

ARアプリ

COCOAR2(ココアル)とは

カメラに収めた画像を認識し、文章や画像、音声、動画などを閲覧することができるアプリです。
様々な企業が雑誌やチラシなどにCOCOARの画像マーカーを設定し、紙媒体ではできなかったARコンテンツの配布や、キャンペーン情報の動的な入れ替えが可能です。
動作環境
[iOSアプリ]
iPhone5以降(iOS9.X以上) 、iPad2以降(iOS9.X以上)
[Androidアプリ]
搭載されているAndroid OSのバージョンが、4.0 以上、6.0以下であることが前提です。
アプリダウンロード AppStoreまたはGoogle playで『COCOAR2』と検索してアプリをダウンロードします。
※下のQRコードからも直接アプリダウンロード画面に遷移できます。

サンプルAR 下記サンプル画像を
QRとARの違い

ARの活用例

 

  • 表示価格には消費税が含まれておりません
  • 1マーカー+1コンテンツ容量30MBまで可能。登録したコンテンツは月に4回まで差し替え可能です。5回目以降の差し替えは別途ご相談下さい。
  • 月額使用料には動画撮影・動画編集などのコンテンツ制作費は含まれておらず別途費用が発生致します。
  • マーカーやコンテンツとなる動画や画像はお客様にてご用意下さい。
    (対応動画ファイル:mp4形式/対応動画ファイル:jpg形式、png形式)
  • 配信される動画などの内容によっては当サービスをご利用いただけない場合がございます。
  • 画像によってはマーカーとして登録できない場合があります。
  • マーカー数やコンテンツ容量が多くなる場合はご相談下さい。

 

関連商品

  1. 印刷・加工オプション

    データハウスでは印刷物に折りやスジ入れ、製本加工、ミシン目を入れたり、穴開け加工、トムソン(型抜き)加工、角丸加工、ラミネート加工を施すことができます。また、紙媒体とデジタルコンテンツを融合させた新しい販促方法として、ARも取扱っております。同じ印刷物でも様々な加工をすることでさらに表現力がアップします。

  2. ホワイトトナー印刷

    ホワイトトナー印刷は通常の4色インクでは表現できなかった「白色」を印刷することができます。クラフト紙や濃色紙に良く映えるためデザインの幅が格段に広がります。 白1色での印刷はシンプルでクールな名刺や、カッコいいショップカードなど他とは違った「お洒落な雰囲気」に仕上がります。

  3. クリアトナー印刷

    クリアトナー加工は、印刷面の一部または全面に透明なトナー(ニスのような透明インク)で印刷します。光沢感・透明感・立体感といったクリアな表現が可能となり付加価値の高い印刷物を作成できます。 利用方法は様々で、ポイントで効果的に使用することで視線の誘導を促す効果や偽造防止など、実用的な使い方も可能です。これまでにない技法で差別化を図れるクリアトナーなら表現の幅をさらに広げられます。

  4. バリアブル印刷

    バリアブル印刷とは、同一のテンプレート上に、1つ1つ異なるデータを印刷することができます。年賀状やDMの宛名印字や、チケットのナンバリング等が可能です。

ページ上部へ戻る